ウッドデッキや外壁塗装などを依頼|住宅環境整え隊

作業員

塗装の特徴

作業員

名古屋の塗装に見られる傾向としては、これまでの見た目にこだわる風潮から建物の保護を目的としたものに変わりつつあります。名古屋の一戸建ては個性を出すために、外壁塗装のデザインなどにこだわりを持つことが多かったものです。けれども築年数の経過により建物を少しでも長持ちさせるために、塗料にこだわるようになってきています。 塗料は紫外線に弱く、次第に劣化することでヒビが入るようになります。そのヒビから雨水が入り込んでしまうことで躯体が劣化するわけです。そこで、紫外線に強く、かつ防水効果の高い塗料を使用することによって建物を守ることになるわけです。このような取り組みによって、家を長持ちさせるようにするトレンドが見られるわけです。

名古屋の塗装はこれから、省エネを意識したものになると考えられています。断熱性能を高めることによって、光熱費を削減するわけです。 外気の影響を受けにくいことにより、冷暖房効果を高めるわけです。さらに塗装による外断熱の役割によって、建物そのものを丸ごと外気から保護することで寿命を延ばすことにつながります。 さらに高性能な塗料を扱うためには、熟練の技術が必要となります。塗りにくいことが理由となりますが、これからはそのような技術を持つ職人を必要とするようになると見られています。そのために、塗料メーカーが開催する研修を受けるなどによって技術を高めることも必要になってくるわけです。業者の選択における大切な要素となるために、名古屋ではそのような職人の確保が急がれているわけです。